Top >  債務整理について >  弁護士の行う任意整理とは

スポンサードリンク

弁護士の行う任意整理とは

任意整理とは裁判手続きを通さずに個人でできるという利点があります。
ですが、確実に処理したい場合は任意整理を専門分野としている弁護士に依頼すると確実に処理してくれます。
弁護士が行う任意整理の手続きとは・・・債務の確定や債務の調査そして整理案の作成です。
貸金業者からいくら借りているのかその金額と今までに返済した金額・借り入れした年月日といったものを借用証・領収書・振込金受取書といったもので債務調査票をまとめます。
そして、具体的な返済計画を作成するのです。
その後、貸金業者と交渉となります。
ですが、この交渉については弁護士は専門家ですから弁護士に委任すればほとんどの貸金業者は交渉に応じて整理案を承諾するんだそうです。
こういった形で整理案に対して各貸金業者から同意が得られたら前もって立てられた返済計画にそって返済を開始するのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 任意整理の利点とは  |  トップページ  |  次の記事 多重債務の場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9241

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。