Top >  債務整理について >  多重債務の場合は

スポンサードリンク

多重債務の場合は

前回、弁護士の行う任意整理の方法について紹介しました。
任意整理は個人でも行うことができますが、任意整理を専門分野としている弁護士であれば確実に処理してくれますので、手続きなどで不安であれば弁護士に依頼すると良いでしょう。
さらに、専門家の弁護士からの交渉とくればほとんどの貸金業者も整理案を承諾するそうですので確実でもあります。
そして、整理案に対し、各か資金業者の同意が得られれば返済計画にそって返済を開始することになります。
続いて、多重債務の場合の対処法についてです。
多重債務とはいろいろな貸金業者からお金を借りているということをあらわします。
多重債務でお金の返済が立ち回らなくなってしまった場合は、その対処法として任意整理そして自己破産という方法があるのです。
任意整理とは債権者と話し合い、金利といったものを減免してもらいます。
そして、返済計画にそって比較的に長い期間(3年程度が目安)での分割払いで返済するようにします。



スポンサードリンク

 <  前の記事 弁護士の行う任意整理とは  |  トップページ  |  次の記事 任意整理と自己破産  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9242

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。