Top >  債務整理について >  日常家事債務とは

スポンサードリンク

日常家事債務とは

保証人でないのに、自分のところへ債権者が取り立てにくる・・・そういった場合は違法行為です。
保証人でなければ借金した本人だけの責任なのです。
そして、借金した本人が処理すべき問題だということも理解しておくべきですね。
時には「日常家事債務」という言葉を使用して家族・親族といったところに取立てを迫る場合もあります。
ですが、サラ金は「日常家事債務」にはあてはまらないのです。
日常家事債務とは夫婦などで生活することで必要とするガスや電気・食事代といった日常的に起こる債務のことを示すのです。
あくまで日常家事の範囲の中でのことですからクレジット・サラ金といったものは日常家事債務性はないとはっきり否定することができるのです。
日本は法治国家です。
ですので、法律的に考えますと夫と妻というのは完全に別人格の扱いなのです。
なので、たとえ夫が借金が払えないからといっても妻や子供さらには親が返済しないといけないという義務は一切ないということを覚えておくといいでしょう。



スポンサードリンク

 <  前の記事 違法な取立ての対処法とは  |  トップページ  |  次の記事 取立てとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9233

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。