Top >  債務整理手続き >  意見聴取書とは

スポンサードリンク

意見聴取書とは

自己破産をする上で心配なこと・・・ありますよね。
今回はそのことについてふれてみましょう。
自己破産をする・・・そのことでの心配事として考えられるのは裁判所による破産宣告をする前に、貸したお金を回収しようとサラ金業者などの貸金業者の取立てが激しくなるのではないかということだと思います。
が、しかしこれについてはまったく心配することはないのです。
なぜかというと、自己破産の申し立てをすると裁判所からサラ金業者などへ意見聴取書というものが送られます。
意見聴取書というものは裁判所が債権者に事情を聞くための書類のことです。
ですので、この意見聴取書によってサラ金業者は債権者が破産申し立てというものをしたということがわかるのです。
よって現在まで激しい取立てにあっていたとしても、この意見聴取書が送られた時点で激しい取立てというものも中止されることになるのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 自己破産で得られることとは  |  トップページ  |  次の記事 自己破産をする際の心配事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9246

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。