Top >  債務整理手続き >  自己破産のあとは

スポンサードリンク

自己破産のあとは

自己破産の手続きをした途端、サラ金業者などの貸金業者から激しい取立てが止んだ・・・それはなぜなのか。
それは、貸金業規制法に関する大蔵省の通達で禁止している内容にあったのです。
債権者が債務者から何らかの裁判所での手続きをとったという旨の通知を受けたあとに、正当な理由もなく債務者に支払うように請求することを禁止する。という一文があるからなのです。
自己破産の申し立て後も引き続き激しく取り立てられた場合は監督行政庁といったところに苦情を申し立てることができるのです。
そして、さらに行政指導というものを求めることもできます。
さて、自己破産をすると免責が認められれば借金は帳消しになりますが、他には何があるのでしょうか?
免責決定というものを受ければすべての借金の支払い義務は生まれなくなります。
ですが、条件とあげられるのが長期間(5~7年ほど)お金を借りれなくなります。
さらに今後の10年間はこの時と同じように自己破産の申し立てはできなくなり、免責決定なども受けれなくなるのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 自己破産をする際の心配事とは  |  トップページ  |  次の記事 自己破産の手続きとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9248

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。