Top >  債務整理手続き >  同時破産廃止とは

スポンサードリンク

同時破産廃止とは

自己破産の申し立てには自己破産申立書・戸籍謄本・住民票・財産目録・給与明細・債権者一覧・陳述書・同時破産廃止の上申書といった種類が必要です。
自己破産申立書は市販されているものもあるようですし、裁判所で手に入れることもできるようです。
そして、戸籍謄本・住民票などは市役所で手に入れることができますので、事前に準備をしておくといいでしょう。
さらに、財産目録には自分が持っている財産の内容記載し、陳述書には破産に至るまでの事情や生活状況などについて記載するのです。
そして、債権者一覧にはお金を借りている先をすべてを記入しておくのです。
最後に同時破産廃止の上申書についてですが、同時破産廃止とは破産手続きに必要な費用が出ない場合に破産手続きが終結することを意味しているんだそうです。
そして、上記のすべての書類を提出しますと1~2ヶ月あとには同時破産廃止の決定と破産宣告の決定が下されるのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 自己破産に必要な書類とは  |  トップページ  |  次の記事 自己破産ができると決まるのは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9252

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。