Top >  債務整理手続き >  自己破産ができると決まるのは

スポンサードリンク

自己破産ができると決まるのは

自己破産を申し立てるには必要な書類に記入し、提出します。
必要な書類は裁判所かもしくは市販されているものを購入します。
そして、提出後1~2ヶ月後には同時破産廃止の決定と破産宣告の決定が下されるのです。
そのあとに免責の申し立てというのを行うのです。
そして、裁判所で免責決定というものが確定すればすべての債務=借金を免れることができるのです。
そうです。これで借金はすべてなくなるということですね。
しかし、これらの手続きは自分(債務者)であってももちろんできます。
ですが、多少でも専門知識がある人のほうがスムーズであることは間違いはないのです。
ですので、こういったことを専門としている弁護士にこういった相談をしてみるというのもひとつの方法であると思います。
裁判所では破産が認められる借金の金額がいくらでなければいけないという具体的な数字はきめられていません。



スポンサードリンク

 <  前の記事 同時破産廃止とは  |  トップページ  |  次の記事 任意整理か自己破産かを選ぶには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9253

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。