Top >  債務整理手続き >  任意整理か自己破産かを選ぶには

スポンサードリンク

任意整理か自己破産かを選ぶには

自己破産の手続きは本人でもできますが、専門の知識を持った人(弁護士)に依頼することもできます。
専門家ですので、スムーズに行くことは間違いないでしょう。
そして、「破産」が認められる具体的な借金の数字というものは特に決まっていないそうです。
ですので、あくまで裁判所が破産を認める・認めないといったことは弁済できるかできないかということにかかっているのだそうです。
それは、財産や職業・年齢・収入といったものを総合的に判断しきめられるのです。
自己破産の手続きで知っておくべきことがいくつかあります。
それは、自己破産を選択する以外に任意整理という方法を選ぶことができるという点です。
この任意整理を選択することによって長い期間をかけて借金を分割しながら返済していくというものなのです。
どちらを選ぶのか・・・その判断基準は現在の給料・・・手取りの月収から住居費分を差し引いた額の3分の1を超えないくらいの返済額・・・毎月の借金の返済額・・・である場合は任意整理となり、この基準を超えてしまった場合は自己破産を選ぶのだそうです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 自己破産ができると決まるのは  |  トップページ  |  次の記事 破産手続きに必要な費用とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9254

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。