Top >  債務整理手続き >  予納金とは

スポンサードリンク

予納金とは

前回、自己破産の申し立てに必要なものは予納郵券代・予納金・申立書に貼付する収入印紙代の3つだと説明しましたね。
これらは裁判所によって多少料金もかわってきます。
まず、予納郵券代・予納金についてですが、これらは申し立てをする裁判所によって料金がかわります。
ですので、相談してみるといいでしょう。
また、予納郵券の金額は変更することもあるようですので、裁判所に直接確認することをお勧めします。
そして、申立書に貼付する収入印紙代ですが、この申立書に貼付する収入印紙は600円です。
ですのこの収入印紙代としてかかるお金は600円ということですね。
また、予納金の金額は破産管財人を選んで破産手続きをする場合と、債務者に資産がなく破産宣告を申請すると同時に「同時廃止」というものがなされる場合では大きな差がでてくるので、そのあたりについても確認が必要です。



スポンサードリンク

 <  前の記事 破産手続きに必要な費用とは  |  トップページ  |  次の記事 破産宣告・・・東京地方裁判所の場合  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9256

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。