Top >  債務整理相談 >  自己破産をする際の心配事とは

スポンサードリンク

自己破産をする際の心配事とは

自己破産をする上でついてくる心配事とは・・・破産宣告をする前に貸したお金の回収のためサラ金業者の取立てがさらに激しくなるのでは・・・といったことだと思います。
ですが、自己破産の申し立てをすると裁判所からサラ金業者へ意見聴取書が送られます。
それが届いた時点で激しい取り立ても中止されるのです。
ですので、安心できますね。
でも、なぜ激しい取立てがなくなるのか・・・この点は不思議に感じますよね。
それにはこういったからくりがあるのです。
激しい取立てがなぜ終わるのか・・・その理由は貸金業規制法に関する大蔵省の通達で禁止している内容にあるのです。
債権者(サラ金業者といった貸金業者)が債務者(貸金業者からお金を借りた人)からなんらかの裁判手続きを取ったという旨の通知を受けたあと、正当な理由もなく債務者に支払うよう請求することを禁止するといった一文があるからなのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 意見聴取書とは  |  トップページ  |  次の記事 自己破産のあとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9247

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。