Top >  債務整理相談 >  夜逃げをすると住み家もない?

スポンサードリンク

夜逃げをすると住み家もない?

日々、厳しく借金の取立てにあっているとします。
そうなるとその厳しい取立てから逃れたくて夜逃げをしてしまいます
今回は、夜逃げ後のお話をしてみましょう。
夜逃げをするとまず困るのは当面の生活費であると思います。
夜逃げをしているとお腹がすかなくなったというわけではないと思います。
そして、「時候」がくるまで逃げ続ければいいようですが、そういうわけには行かないようです。
仕事をしようと思ったら住民票が必要になる場合もあります。
ですが、夜逃げをしてるのですから住民票を動かすことはできませんね。
なぜなら住民票を動かしてしまったら、サラ金業者にばれてしまうからなのです。
住民票を動かすことができないと生活する場所を探すことさえも一苦労です。
というのは、アパート・マンションなど住む家を賃貸するには基本的に住民票の提出が必要だからです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 夜逃げのシュミレーション  |  トップページ  |  次の記事 借金の原因を突き止める  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9261

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。