Top >  債務整理関連読本 >  困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた

困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた

困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた
福島 武司
困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 290217位
おすすめ度:
発売日: 2001-09
発売元: オーエス出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかたの詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかた」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

困ったら読もう
多重債務を抱える原因は色々あるのだと思うが、個人的には「あまり数値マインドを持っていない人」の共通してみられる現象であり「問題を先送りする傾向のある」人が陥り易いのではないかと考える。
そうはいっても、多重債務者になってしまた以上、問題を解決せねばならないわけだから、まずは本書を購入して(パチンコ行く暇があるくらいなら。タバコもしばらく我慢して)よく読んで、専門家に相談することが「つまらないストレスの蓄積」から開放される最短ルートではないかと思う。

まだあきらめなくてもいい、と教えてもらいました。
今、実家のローンのために月10万円を払っています。
複数のローン会社に数十万ずつ...かなり気分的に追いつめられて、あらぬことを考えてはいましたが、この本読んでこれではいけないと。
親とはいえ、お金を渡すだけではなんの解決にもならないということ、そして、きちんとした対処方法があることを知り、大げさかもしれませんが、救われたように思います。手続きする上での文書の書き方など、例文、資料などもあり、読んだ後、母にこの本を渡しました。読んでくれることを祈りつつ...。
読んでないようなら、無理やりにでも読まします。

困ったときにすぐわかる返しきれない借金ローンの整理法―債務者自身、その家族・友人のための多重債務の対処のしかたの詳細を見る

 <  前の記事 新仲裁法の理論と実務 (ジュリスト増刊)  |  トップページ  |  次の記事 政策公共圏と負担の社会学―ごみ処理・債務・新幹線建設を素材として  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9361

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理ってたいへ~ん(ーー;関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。